豊胸手術の失敗と修正について

手術後、形が不自然になったものの、修正手術を受けて正常に

豊胸手術 ヒアルロン酸 失敗豊胸 脂肪注入の失敗や修正のリスクのマル秘!

翌日から何回か通院して、患部の腫れや触診で術後の胸をチェックして通院が終わりました。
通院最終日に、腫れが引くまでは患部を清潔に保って、締め付けのきついブラジャーを付けないように指導され、今度は3ヵ月後に通院するように言われました。
3ヶ月後の通院で問題も無く、特にしこりや凸凹も目立ってなくて手術は成功だと喜びが込み上げてきました。
術後半年が過ぎるまでは、大きくなった胸を強調するような、胸元が開いた服を着て楽しんでましたが、半年を過ぎた頃に胸にしこりが出来て、胸の形が不自然に凸凹になり始めました。
慌てて、電話で美容外科クリニックに電話で相談して、通院して見てもらったら、体質が合わなかったのかしこりと凸凹が出来ていて、修正手術を受ける事になりました。
修正手術では、一旦固まって変形したアクアフィリングを溶かしてから、もう一度アクアフィリング豊胸手術を受けました。
修正手術後は、まだ約1年ですがしこりも無く、今のところ問題は起きてないです。

大人になっても小さい胸脂肪注入のメリットとデメリットを知るアクアフィリング豊胸手術を実施手術後、形が不自然になったものの、修正手術を受けて正常に